次世代医療「遠隔診療」パーフェクトガイド

遠隔診療を導入することで変わる日本の医療

http://www.remote-shinryo.com

次世代医療「遠隔診療」パーフェクトガイド

http://www.remote-shinryo.com

遠隔診療を導入することで変わる日本の医療

システムアプリ徹底比較

遠隔診療 » 遠隔診療システムQ&A » 遠隔診療に適している疾患と診療科は?

遠隔診療に適している疾患と診療科は?

ここでは継続治療が必要な生活習慣病や通院が負担になる精神科など遠隔診療に向いていると言われる疾患や診療科について説明しています。

遠隔診療に向いている疾患とその理由

遠隔診療に適した疾患は色々考えられますが、共通の条件として言えるのは症状が安定していることです。直接触れることができないので、外科系などの命にかかわる急性疾患には向かないことは理解しやすいでしょう。

生活習慣病・アレルギー疾患なの慢性的なもの

では具体的にどのような疾患・診療科が向いているのかを挙げていきましょう。まずは継続的な薬を必要とする生活習慣病やアレルギー疾患などの慢性疾患です。

通常は動けなくなるほどつらい症状は出ない高血圧や糖尿病は仕事が忙しい時など、通院するのが面倒になりがちですが、遠隔診療にすると治療を続けやすくなります。

アレルギー疾患は薬を継続的に処方してもらわないと症状が悪化します。薬を処方するための診察は遠隔診療で十分なことが多く、薬だけ送ってもらうことが可能。非常に遠隔診療に適していると言えます。

生活に支障がないが継続治療が必要な病気

また同様の理由で水虫やニキビなど、生活に支障はないが継続して薬の処方が求められる皮膚科の疾患も遠隔診療に向いているでしょう。

通院が負担となってしまう精神疾患

その他、通院することが負担になってしまう精神疾患にも遠隔診療が有効です。心の風邪とも言われ患者数も多いと言われるうつ病は、外出して人と接すること自体がつらい場合もあります。外出せずに診療できる遠隔診療なら患者の精神的負担を減らせるので、治療が効率的に進められるでしょう。

AGA・ED・禁煙外来など薬の処方だけで済むもの

ほぼ薬の処方だけで経過観察がメインとなるAGA・ED治療・禁煙外来なども遠隔診療に適していますし、症状にもよりますが院内感染のリスクを避ける目的で小児科の病気も遠隔診療のほうが安全な場合があります。

以下に、急変の可能性が比較的低く、遠隔診療に適している疾患をまとめましたので参考にしてください。

内科系 慢性胃炎・小児喘息・便秘症・過活動膀胱・偏頭痛・骨粗しょう症
生活習慣病 高血圧・糖尿病・脂質異常症・高尿酸血症、肥満症
アレルギー系 花粉症(アレルギー性鼻炎)・蕁麻疹
精神系 うつ病・統合失調症・不眠症・双極性障害・認知症
皮膚系 水虫・ニキビ・褥瘡(じょくそう)・アトピー性皮膚炎
その他 AGA・ED治療・禁煙外来・睡眠時無呼吸症候群・前立腺肥大症・口唇ヘルペス

システムアプリ徹底比較

システムアプリ徹底比較