次世代医療「遠隔診療」パーフェクトガイド

遠隔診療を導入することで変わる日本の医療

http://www.remote-shinryo.com

次世代医療「遠隔診療」パーフェクトガイド

http://www.remote-shinryo.com

遠隔診療を導入することで変わる日本の医療

システムアプリ徹底比較

遠隔診療 » 遠隔診療の課題・問題点と対策について » 誤診の可能性と責任の所在

誤診の可能性と責任の所在

ここでは医師が懸念する遠隔診療での誤診の可能性と実際のリスクの高さについて説明しています。

遠隔診療に消極的な医師は誤診と責任の所在を指摘

遠隔診療に消極的な医師の中には誤診の可能性を指摘する人がいます。直接診たり触れたりしなければわからないことが多いというのが大きな理由です。

医師の口コミから情報提供している「イシコメ」の調査によれば、遠隔診療は今後進んでいくと回答した人の割合が87.9%あったのにも関わらず、遠隔診療が進歩しても参画はしたくないと答えた人が全体の50.9%もいました。

遠隔診療の導入に積極的になれない医師の声を集めてみると、以下のようなことを不安に感じていることがわかっています。

  • 顔色や元気な具合を診る際に聴診器を使えないのは、診療を行なう上で少し恐怖を覚えます。(30代・外科)
  • 正しい診断や治療をするためには直接診察しないと、自信を持って診断できません。(40代・内科)
  • 医療トラブルが発生したときに責任が問われるのは、遠隔医療を受けた患者さんを担当した医師になるから不安。(50代・外科)

これらをまとめると直接診たり触れたりできないため誤診を恐れる医師が多いようです。また責任の所在が、遠隔診療システムではなく医師に及ぶことも懸念点として挙げられています。

機能によって誤診の確率を減らせる

現在提供されている遠隔診療のシステムの中には、独自の機能を備えて誤診の可能性を減らせるものもあります。

例えば「ポケットドクター」は、指さし・赤ペン機能という特許技術の機能が備わっています。これは、医師が一番注力して診たい患部をモニター上に印をつけて指示ができる機能。これによりスムーズに診察が行なえるほか、ピンポイントで患部を診ることができるため、誤診の可能性を減らすことができるでしょう。

さらに昨今の情報機器端末の技術の向上スピードはめざましく、遠隔診療のシステムの中には高解像でより鮮明に見ることができるものも出てきています。

今後、遠隔診療に対する誤診の懸念は、技術力で解決できるようになる可能性も高くなると考えられます。

機能面で比較!おすすめの遠隔診療システムはコチラから

ケースバイケースで活用すれば有効な手段となる

遠隔診療の課題と言われている「誤診の可能性」や「トラブルが起きた時の対応」について今後も検討しなければならないでしょう。

しかし、すべての診察を遠隔診療に置き換えようとしているわけではありません。当然ながら遠隔診療に適さない疾病もありますし、患者が望まなければわざわざ遠隔診療を実施する必要はありません。

現在の遠隔診療システムでは、初診は対面診療が前提となっています。医師が遠隔診療に向かないと判断すれば、再診以降も対面診療を行なって構わないのです。

ただし生活習慣病などの慢性疾患などは遠隔診療の方が適しているケースも多く、その場合は患者にとって通院の手間が省け、治療継続することに有用だと言われています。また、高齢化社会や過疎化などが影響して遠隔診療に対するニーズは高まっているのです。

システムアプリ徹底比較

システムアプリ徹底比較