次世代医療「遠隔診療」パーフェクトガイド

遠隔診療を導入することで変わる日本の医療

http://www.remote-shinryo.com

次世代医療「遠隔診療」パーフェクトガイド

http://www.remote-shinryo.com

遠隔診療を導入することで変わる日本の医療

システムアプリ徹底比較

遠隔診療 » 遠隔診療の課題・問題点と対策について » セキュリティ対策

セキュリティ対策

ここでは、遠隔診療システムで個人情報を守るために必要なセキュリティ対策について解説しています。

個人情報の漏洩を防ぐための堅牢なシステムが必要

近年、サイバー攻撃や不正アクセスによる情報漏洩、ウイルス感染に関するニュースが絶えることがありません。

遠隔診療システムは医師と患者の診察をネットワークを介して行なうものなので、セキュリティ対策は最重要課題となります。

特に、遠隔診療で取り扱うような医療データは、最高レベルの個人情報です。万が一、情報漏洩が起きると医師にとっても患者にとっても大きな被害を生んでしまうのです。

不正アクセスを防御する堅牢なシステムの構築は必要不可欠ですが、厄介なのは、患者が利用するスマートフォンやタブレットまで管理することができない点。

遠隔診療システムを利用する患者側のスマートフォンがウイルスに感染していて侵入されるケースも考えられます。あらゆるアクセスに対してすぐに異常を検知し、シャットアウトするネットワーク側の仕組みが必要です。

徹底したセキュリティ対策で不正アクセスを遮断

厚生労働省が発行している「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」では、多様化・巧妙化するサイバー攻撃の医療機関向けの対応策をまとめています。

遠隔診療システムを提供している各社は、このガイドラインに沿うかたちで、サイバー攻撃から情報を守るためにさまざまなセキュリティ対策に取り組んでいます

その中で特に重要な項目と考えられるものをピックアップして紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

利用者の識別・認証

IDとパスワードによる認証は、個人を識別し、アクセス制限をかけるためには必要なセキュリティ対策です。遠隔診療システムの利用者が使用するIDやパスワードは、別の場所から漏洩していることも考えられます。

そのため、特定のURLからのみアクセスを許可したり2段階認証したりなどでセキュリティレベルを高めます。

アクセスログの保存

厚生労働省のガイドラインには「すべてのアクセスの記録(アクセスログ)を収集し、定期的にその内容をチェックして不正利用がないことを確認しなければならない」とあります。

アクセスログは管理ツールを使用して収集しますが、暗号化することデータに行き着くまでの経路を複雑化しておく必要があります。

ウイルス・不正アクセス対策ソフトウェアの常駐

ウイルス侵入や不正アクセスは、遠隔診療システムのサーバー側で起きるものと利用者の端末側で起きるケースが想定されます。

システム側はアクセスポートに監視ソフトを常駐させ、利用者側はウイルス対策・セキュリティソフトのインストールを徹底する必要があります。

遠隔診療の詳しい情報を知りたい医師はこちら

システムアプリ徹底比較

システムアプリ徹底比較