次世代医療「遠隔診療」パーフェクトガイド

遠隔診療を導入することで変わる日本の医療

http://www.remote-shinryo.com

次世代医療「遠隔診療」パーフェクトガイド

http://www.remote-shinryo.com

遠隔診療を導入することで変わる日本の医療

システムアプリ徹底比較

遠隔診療 » 遠隔診療導入によって実現可能なこととは » 在宅医療をしている患者への診察を行うことができる

在宅医療をしている患者への診察を行うことができる

ここでは在宅医療・介護が推進されている状況と、遠隔診療ができるアプローチについて解説しています。

病院医療から在宅医療・介護の時代へ

わが国はいよいよ高齢化社会に入り4人に1人が65歳以上で、人が80歳以上生きるのも珍しくなくなりました。

年齢を重ねるごとに体の不調は増えていくものですが、すでに問題となっているのが病院の混雑です。病院に行ける人はまだ良いほうで、高齢のため通院が難しくなり、治療を受けたくても受けられない人も増えています。

さらに、医療費・介護費が2025年には84.4兆円になると予測され、財源の確保が年々厳しい状況だと言わざるを得ません。そんな中で現在進められているのが、在宅医療や在宅介護の充実です。

すでに国は病院・病床数の削減の方針を打ち出しており、病院への不必要な入院を減らすことで、在宅医療・介護の充実を推進しています。「ときどき入院、ほぼ在宅」と表現されるように、医療の中心が病院から自宅に移ろうという段階に来ているのです。

しかし、在宅医療・介護を進めると、次は家族の負担増加が問題になってきます。

元気に動けるうちは良いですが、介護が必要な状態になると、面倒を見る家族が24時間休めない状況に追い詰められる可能性も。

また「病状が悪化した時に正しい処置ができるのか」という不安が常につきまとい、精神的にも疲弊してしまうことが考えられます。

このような患者側の問題を解決するために注目されているのが、遠隔診療

厚生労働省が遠隔診療の規制を緩和するなど、情報通信技術の向上により、それぞれの負担軽減への期待が近年より高まっています。

在宅医療に向いている遠隔診療のシステムやアプリを探す

遠隔診療の拡大で患者にとって変わる在宅医療と介護の現場

在宅医療の場に遠隔診療が導入されれば、訪問する必要なく診察をすることができます

患者側にとっても移動が困難な状況でも、来院することなく医師に診てもらえるのが魅力であり「体調が良くないけど、これって病院に行って診てもらうほどなの?」といった場合でも気兼ねなく医師に相談ができます。そのため、医師と患者側の両者ともに負担軽減が見込めるのです。

遠隔診療システムの中には、血圧・心拍数・血糖値など、医師の診察に必要なバイタルデータと連携しているものがあります。さらにAIが搭載されているカメラで見守ったり、緊急時にナースコールができたりするなど、自宅のベッドがそのまま病院のベッドと同様の環境にすることも可能です。

今後はさらなるIot化が進むと予想される中、遠隔診療サービスが健康機器メーカーと提携することで、できることの幅がグッと広がります。遠隔診療が当たり前の時代は、そう遠くないのかもしれません。

システムアプリ徹底比較

システムアプリ徹底比較