次世代医療「遠隔診療」パーフェクトガイド

遠隔診療を導入することで変わる日本の医療

http://www.remote-shinryo.com
   

次世代医療「遠隔診療」パーフェクトガイド

http://www.remote-shinryo.com

遠隔診療を導入することで変わる日本の医療

システムアプリ徹底比較

遠隔診療 » 遠隔診療の現状

遠隔診療の現状

ここでは遠隔診療の取り組み開始の頃から現状どのように変化しているか大まかな流れについて解説しています。

遠隔診療の取り組みの過去・現在・未来

遠隔診療は新しい言葉のように感じるかもしれませんが、その取組みについてはコンピュータ導入による医療事務システムが普及し始めた1970年代から始まっています。

本格的に動き出したのは1996年に当時の厚生省で遠隔医療研究班が作られてからです。それから時が経ち、1997年に初めて「遠隔診療通知」(第1075号厚生省健康政策局長通知)が出されました。

ちょうどパソコンが急速に普及していった頃ですが、対面診療が原則とはいえ、特定の条件で遠隔治療を認めることになったのは大きな注目に。

その後、何度か遠隔診療改正通知が出され、スマートフォンが普及するようになった2015年になると厚生労働省の事務連絡が出されました。

これにより遠隔治療はへき地のみに適用されるわけではないことが明確になり、民間会社による遠隔診療サービスが増えるきっかけとなったのです。

ではサービスを受ける側である患者は遠隔診療についてどう考えているのでしょうか。2016年に日本医療機構が行った調査によると「オンラインでの医師の診察」=遠隔診療を何らかのかたちで受けてみたいとする人が80%超と非常に関心度が高いという結果が出ています。

ところが遠隔診療を積極的に導入しようと検討している医師はあまり多くはありません。需要があり導入の環境も整いつつあるのに進んでいないのが現状です。

これは社会全体の遠隔診療に対する認知度不足や、医師の診療報酬の問題(お金にならない)など様々な課題があるからと考えられます。

政府も未来戦略の中の1つに遠隔診療を掲げていますので、今後は官民一体となって課題解決に取り組む必要があるでしょう。

これまでの厚生労働省の動きや遠隔診療の今後の展望についてはさらに詳しく解説していますので参考にしてください。

システムアプリ徹底比較

システムアプリ徹底比較