次世代医療「遠隔診療」パーフェクトガイド

遠隔診療を導入することで変わる日本の医療

http://www.remote-shinryo.com
   

次世代医療「遠隔診療」パーフェクトガイド

http://www.remote-shinryo.com

遠隔診療を導入することで変わる日本の医療

システムアプリ徹底比較

遠隔診療 » 遠隔診療の普及に欠かせないシステム・アプリ徹底比較 » リモートドクター

リモートドクター

ここではリモートドクターのシステムの特徴や機能、導入事例などを紹介しています。

患者と医師の時間を有効活用できるリモートドクター

リモートドクター_キャプチャ
引用元:リモートドクター公式サイト
http://remodoc.net/

リモートドクターは、インターネットを使って遠隔診療や健康相談ができるサービスです。クリニック側も患者側も、すでにあるパソコンやスマートフォンを使って簡単に導入することができます。

予約から診療、クレジット決済、配送まで、すべてクラウド上で管理されるシステム。そのため、クリニック側で大規模なシステムを構築する必要はありません。

リモートドクターの目的は、遠隔診療により治療継続率を向上させること、他院との差別化、時間の有効活用です。遠隔診療により患者の負担が軽減されるだけでなく、医師にとっても診察時間を有効に使えるのがポイントです。

もちろん、患者すべてがこのシステムを利用しなければいけないわけではありません。まず初診では対面での診察・治療を行います。その中で症状が安定していて、スマホ利用ができるなど一定の条件を満たした患者のみ「遠隔診療」という選択肢を用意するという考え方です。

対面診療との組み合わせを前提としているシステムなので、原則として来院可能な範囲に住む患者が対象となります。

リモートドクターの機能

導入までの流れ

  1. 利用登録

    登録画面(スマホ・タブレット・PC)から必要事項記入してください。

  2. アカウント発行

    医療機関向けのアカウントを発行してくれます。

  3. 導入案内

    導入にあたり、各種案内を提示してくれます。

  4. 利用開始

    すべての手順を踏んだ後、リモートドクターの遠隔診療がスタートします。

リモートドクターの導入事例

※具体的な導入事例は見つかりませでした。

リモートドクターのアプリ情報(患者向け)

いつも利用しているかかりつけ医に、スマホで再診が受けられることを目的としたアプリです。リモートドクター導入の医院であれば、ビデオチャットを使った相談がどこからでもできるようになります。

対応端末 スマートフォン・タブレット(iOS、Android)
利用料金 無料(アプリ自体の課金なし)
登録方法 ダウンロード後に医療機関から発行されたRDコードを入力し、利用者仮登録を行う。確認メールが届くので案内の通りに本登録を済ませたら利用開始。

運営会社:株式会社アイソルの詳細はこちら

システムアプリ徹底比較

システムアプリ徹底比較