次世代医療「遠隔診療」パーフェクトガイド

遠隔診療を導入することで変わる日本の医療

http://www.remote-shinryo.com
   

次世代医療「遠隔診療」パーフェクトガイド

http://www.remote-shinryo.com

遠隔診療を導入することで変わる日本の医療

システムアプリ徹底比較

遠隔診療 » 遠隔診療の普及に欠かせないシステム・アプリ徹底比較 » ポケットドクター

ポケットドクター

スマホでできる遠隔診療システム「ポケットドクター」の特徴や機能、導入事例などを紹介しています。

多彩な機能でサポート充実!ポケットドクターの遠隔診療システム

ポケットドクターHPキャプチャ
引用元:ポケットドクター公式サイト
http://pocketdoctor.net/

ポケットドクターの他社にはない特徴の1つとして、高解像度の映像を実現したことにあります。直接対面しているようなクオリティで、より正確な診断が可能になりました。

特許技術である指さし機能、赤ペン機能を搭載しています。しっかりと診断したい箇所に、マーカーを付けて指示を出すことができるため、診断の精度を上げることでき、診断の効率も上げることができます。

また、オムロンヘルスケアと連携して医師とバイタルデータを共有したり、指さし機能や赤ペン機能など特許技術も搭載。患者側の使い勝手が良く、医師にとっても対面診療と遠隔診療を組み合わせることで時間の有効活用が可能になります。

導入時には勉強会を開催したり、クリニックごとに遠隔診療LPを作成したりと、サポート体制が充実。導入後も直接ヒアリングをしてくれるので安心です。

患者側の利点としては、遠隔でかかりつけの医師の診療が受けられるサービスなので、通院が困難な状況でも定期的な診療を受けることができます。

「今すぐ相談」という機能は全国40名以上の専門医と繋いでくれて、ポケットドクターを通じて健康状態に関する相談ができるシステムです。「予約相談」は事前に時間と医師が選べます。

身近な医師に診てもらうだけでなく、遠くにいる専門医に診てもらえるのが1番の魅力。こうした幅広いサービスが提供できるのは、IoTプラットフォームサービスの業界トップ・オプティム、と医療情報のプラットフォームを提供している企業・MRTがしっかりとタッグを組んでいるからです。

ポケットドクターの機能

導入までの流れ

  1. 問合わせ・資料請求

    申込みフォームから必要事項を記入のうえ、送信してください。

  2. 説明案内

    担当者が資料に沿って内容を説明してくれます。

  3. コンサルティング

    利用方法の説明と、医院やクリニックに合わせた運用フロー提案してくれます。

  4. 契約

    サービス内容に相違がないか確認後、契約になります。契約してから2~3週間で利用開始です。

ポケットドクターの導入事例

ポケットドクターのアプリ情報(患者向け)

スマートフォンやタブレットを使用して、医師と相談したり遠隔診療が受けたりできるアプリです。かかりつけの病院に忙しくて行けない場合でも自宅からビデオ通話で再診を受けることが可能です。

対応端末 スマートフォン・タブレット(iOS、Android)
利用料金 無料(アプリ自体に課金なし)
登録方法 「OPTiM Store」で会員登録。登録後は、メールアドレスと設定したパスワードでログインして利用可能。

運営会社:MRT株式会社の詳細はこちら

システムアプリ徹底比較

システムアプリ徹底比較